FC2ブログ

ラクガキ日記みたいなもの

"http://"を含むコメント禁止していましたが、試験的に解禁中。

須川(すがわ)が行く須川(すかわ)の旅~後編~

前回、および、前々回の続きです。
なおこのタイトルですが、今回はもはや須川(すかわ)とは関係ありません・・・

・・・ってなわけで(?)、7月7日(日)、一ノ関駅。
東北本線に乗るわけですが、
一ノ関駅
↑「東北本線」とは言えども運行間隔はご覧の有様です・・・
なお一ノ関駅は仙台エリアのSuica対応ですが、近くにSuica対応の別の駅は平泉しか無いというややこしいことになっています。
(※平泉まで乗るか、仙台近郊まで乗っていくかする場合でないとSuicaで入場してはいけません)
一ノ関駅
↑そしてSuicaで入場して、盛岡行きに乗ります。
平泉駅
↑平泉駅。Suicaで出場しました。
ってなわけで、この日は平泉観光です。

観自在王院跡
↑歩いて数分でこの場所に。ここは・・・
観自在王院跡 観自在王院跡
↑「観自在王院跡」という寺院跡です。

そしてその隣には、
毛越寺 毛越寺
↑毛越寺(もうつうじ)があります。
入ってすぐは一見平凡なの寺院で、なぜ入場有料なのか不思議に思う感じですが、
毛越寺 毛越寺
毛越寺 毛越寺
↑その脇にある広大な庭園が目を引きます。
元々は単なる庭園ではなく、様々なお堂が立ち並んでいたようです。
毛越寺 毛越寺
毛越寺 毛越寺
↑そして毛越寺花菖蒲園。
「あやめ祭り」開催中ということなので、あやめも混じっているのでしょう(看板を見ても区別はよくわからないが・・・)。

そして中尊寺へ向かうため、平泉町巡回バス『るんるん』を利用しました。
このバスは土休日には15分間隔で運行されています。
「一日2往復しか無いバス」やら「逃すと次は1時間半後という電車」を見た後だと、驚異的な頻度に思えます。

弁慶の墓
↑中尊寺のバス停で降りて、まず有るのは「弁慶の墓」。
中尊寺入口
↑入口。激しく登っていきます。登山の翌日にはつらい・・・
八幡堂
↑八幡堂。
弁慶堂 弁慶堂
↑弁慶堂。この時点で結構高くまできています。
本堂 本堂
↑ここが本堂です。だがまだ奥に続きます。
讃衡蔵
↑博物館である讃衡蔵(さんこうぞう)。
金色堂 金色堂
↑そして有名な「金色堂」。(内部の撮影はできませんが・・・)
修復を重ねた姿とはいえ、約900年前に造られたものがよくここまで綺麗に残っているものだなと感心します。
また、今でもミイラ化した奥州藤原氏の歴代当主が安置されているとか・・・

旧覆堂
↑これは、旧覆堂(おおいどう)。
1962年に現在の建物で覆われるまで、金色堂を覆っていたものということです。

白山神社
↑中尊寺の一番奥にある「白山神社」。
白山神社 白山神社
↑看板に書いてあった「能楽殿」。
白山神社
↑白山神社の本殿。茅の輪が常設されているようです。
白山神社
↑「十二支一代守護神社」だとか。
白山神社
↑白山神社の裏からの景色。

この時点で正午直前。そろそろ帰路につく準備を始めました。
まずは中尊寺の入口まで降りて、バスを確認・・・
12:58に一ノ関駅行きのバスがあるということだったので、時間調整も兼ねて近くの店で昼食しました。
冷麺
↑盛岡冷麺。

一ノ関駅 一ノ関駅
↑そして戻ってきた一ノ関駅。
ここから、往路と同じく、長い長い新幹線移動をして帰りましたとさ。
東京付近は強い雨が降っていましたが、梅雨であるにもかかわらず幸運にも強い雨を見たのはそこだけでした。
  1. 2019/07/16(火) 22:37:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<去年の本の物販終了について | ホーム | 須川(すがわ)が行く須川(すかわ)の旅~中編~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ssharmony.blog20.fc2.com/tb.php/362-e46286e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)