FC2ブログ

ラクガキ日記みたいなもの

"http://"を含むコメント禁止していましたが、試験的に解禁中。

須川(すがわ)が行く須川(すかわ)の旅~前編~

7月5日(金)、平日に休みをとって、北へ向かう・・・
やまびこ やまびこ
↑ここは東京駅。
普段はここまで来るだけでも旅になってしまうけれど、今回はまだまだここからです。
いつのまにか東北新幹線はE5系が主流になったようで、今回乗るこれは、やまびこ・盛岡行だけど、E5系+E6系の連結でした。
一ノ関駅 一ノ関駅
↑そして一ノ関駅(岩手県一関市)。岩手県に立ち入ったことは、自身初です。
丸江
↑ローカルスーパーチェーン「丸江」。ここで翌日に使うための食料を買い出し。
バス停 バス停
↑次はバスに。1日2往復しかない…
バス
↑そして来た14:30発のバスに乗る。
ここで気になったこととして、終点のバス停の名前は「須川温泉」なのか?「須川高原温泉」なのか?
見た感じ「須川温泉」っぽいけれど、バスの中では「須川高原温泉」とアナウンスしていました…

バスはどんどん山の中に入り、「真湯温泉」から先は、本格的な山岳道路になっていきました・・・
須川高原温泉
↑そして約1時間半で、終点。目の前に今夜泊まる「須川高原温泉」(←宿の名前)があります。
須川高原温泉 客室
宿はだいぶ老朽化していることは否めないけれど、こんな激しい山奥では整備するのも相当大変だろうと思います。
宿のサイトによると、標高は1126(いいふろ)mとのこと
岩手県
↑そしてここは県境のすぐ近く。須川高原温泉は岩手県側です。
秋田県
↑反対側を見ると秋田県。
栗駒峠
↑栗駒峠の看板。
栗駒山荘
↑そして秋田県側の宿、「須川温泉 栗駒山荘」。
ここの温泉の存在を知ったきっかけは、自分のサークル名を決める際に、「須川山荘」って実在しているのかな?と思って検索してこの宿が出てきたというものでした・・・
岩手県
↑岩手県側に戻るが、激しい霧が…(霧は翌日まで断続的に出ていました)
源泉
↑須川高原温泉の敷地内に川となって流れ落ちてくる温泉。
「須川(すかわ)」とは「酢川」、つまり酸性の水が流れてくることが由来ならしいです。
露天風呂
↑露天風呂「大日湯」。
すぐ近くにそびえ立つ大岩(たぶん右の方。他の写真にも写っている。)は「大日岩」というらしい。
食事 食事
↑食事。個人的には真ん中の横手のたれが気に入りました。

霧が気がかりではあるけれど、翌日は山登り・・・
~次回に続く~
 
  1. 2019/07/14(日) 17:10:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<須川(すがわ)が行く須川(すかわ)の旅~中編~ | ホーム | 新シェルとか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ssharmony.blog20.fc2.com/tb.php/360-8c877c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)