FC2ブログ

ラクガキ日記みたいなもの

"http://"を含むコメント禁止していましたが、試験的に解禁中。

日本最高地点への挑戦・後編

前回からの続きです。
2018年6月30日(土)。
富士山・富士宮ルートの八合目<地図>までやってきたわけです。

標高は3250m。既に日本ではこんな高い地面は富士山以外にはありません
(日本で二番目に高い北岳の山頂は3193m)
流石に空気が薄いせいか、体調もだんだんおかしくなってきています。

八合目を出てからは、このルートでは珍しく、しばらく次の小屋が見えませんが、ある程度進むと、
山頂方面 解説
↑あと少し・・・。剣ヶ峰はまだ見えませんが、「山頂」と呼ばれている地点まで見渡せます。
九合目
↑九合目。<地図>
万年雪山荘というだけ有って、近くには少し雪が残っているのが見えました。
九合五勺 九合五勺
↑九合五勺。<地図>
このあたりは歩くだけで必死だったのか、あまり記憶がありません…
終盤の登り
↑あの鳥居のところまで行けば「山頂」と言われる「火口を取り囲むフチの部分」到達である。
だが体は思うように動かず、「数分歩いて数分休む」の繰り返し。
他の登山者もそんな状態な人が多かったです。
ブルドーザー
↑下を見ればこんなのが。
意外かもしれませんが、富士山は山頂までブルドーザー用の道路が繋がっています。
この日は、吉田ルート山開きの1日前、富士宮ルートの山開き10日前なので、その準備が進められているのでしょう。
鳥居
↑とうちゃーーく!!
富士山本宮浅間大社の奥宮 頂上富士館
富士宮口山頂<地図>
ついに山頂到達!!!
周囲を見ればここが最高地点ではないことは明らかですが、とにかく山頂と呼ばれている場所です。
富士山本宮浅間大社の奥宮と、山小屋「頂上富士館」、そして、富士山郵便局があるのですが、どれも扉は閉ざされています。
剣ヶ峰
↑最高峰・剣ヶ峰はすぐそこに見えます。
これは富士宮ルートの長所であり、吉田ルートや須走ルートだと、剣ヶ峰に行くには火口の周りを半周することになります。
剣ヶ峰
↑最後の登り。
こんなもの駆け上がってやる…と言いたいところですが、やはり思うように力は出せずヨタヨタと歩いていくことに。
気象観測所
↑気象観測所。かつては「富士山測候所」とか「富士山レーダー」とか呼ばれていたもの。
標柱
↑日本標高最高地点、富士山剣ヶ峰(3776m)である。<地図>
火口
↑火口。
景色
↑富士宮口山頂・さらにその先の相模湾(?)方面。

この時点でまだ午前10時。
下山に使う時間はたっぷりある…のですが、頭痛と吐き気は激しく、山小屋前に到着するたびにしばらくうずくまるような惨憺たる有様でした。
五合目付近
↑むちゃくちゃ遅いペースですが、15時ごろには五合目の登山口に戻ってきました。
市街地から
↑そして富士宮市街地から見た富士山。なんだかよくわからないけど妙な迫力が…

というわけで、富士山初挑戦にして登頂に成功しました。
現地ではひたすら苦しんでいたけれど、あとから思い返せば、いともあっさり達成したように思えます。
今でも「自分が登った山は本当に富士山だったのか?」とか、実感がいまいち湧いていません…
  1. 2018/07/04(水) 23:36:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<「ユガテって何だったんだろう?」 | ホーム | 日本最高地点への挑戦・前編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ssharmony.blog20.fc2.com/tb.php/351-09a5362f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)