FC2ブログ

ラクガキ日記みたいなもの

"http://"を含むコメント禁止していましたが、試験的に解禁中。

10月上旬連休・前編「大山(だいせん)」

10月7日(土)夜。愛知県を出発し、高速道路を疾走。
草津PA
↑22:50ごろ。新名神から名神の合流点に有る草津PA(滋賀県)。<地図>
草津温泉ではありません(と、うちのゴーストでもトークネタにしています)。
社PA
↑日付が変わって10月8日(日)0:20ごろ。
中国道・社(やしろ)PA(兵庫県)。<地図>
もはやこの辺まで来ると自分の頭に地理データがない・・・。
蒜山高原SA
↑2:25ごろ、米子道・蒜山高原SA(岡山県)。<地図>
なんと読むのか、入った時点でわからなかったりしたけど「ひるぜんこうげん」でした。
霧が深く視界が悪いこともあり、ここで少し仮眠。
大山 大山
↑そして大山(だいせん)の登山口の駐車場(鳥取県)。<地図><地図(拡大)>
夜明け前の4:40に付いたけど、その時点ですでに駐車場の空きはわずかでした。
6:00頃登山に出発・・・「登山道どこから始まるんだ??」といきなり迷ったりしつつ・・・。
大山 大山
↑登山道は階段状です。
こういう階段は登れば登るほど荒れていくのが普通だと思ってましたが、かなり登ってもきれいな階段でした。
大山
↑徐々に景色が見えるように。日本海。
大山
↑八合目への登り。一見険しい上りに見えるけれど、実際は大したことなかったです。
大山
↑トリカブトか!?
大山
↑山頂の稜線(逆光)。大山は「とにかく崩れやすい」らしいです。
大山
↑山頂近くは植生保護(天然記念物・ダイセンキャラボク)のため木道になっています。
大山
↑山頂避難小屋が見えてきた。
大山
↑8:30ごろ、山頂・弥山(みせん)に到達。
大山
↑山頂からの景色。鳥取・島根県境付近の特徴的な海岸線がよく見えます。
大山
↑実は山頂といっても、ここは最高地点ではありません。
しかも1710.6mというのもここの標高ではないようです。
本来の弥山と思われるピークと、本来の最高地点・剣ヶ峰はこの先にありますが、崩壊が激しいため立入禁止になっています。

8:55ごろ、下山開始。
人が多い!!
すれ違いのため広い場所で立ち止まると、そのまま何分も待ち続けることになること多数・・・
いままでいくつも山に登ったけど、ここまで渋滞になるのは初めてです。

大山
↑ってなわけで別ルートに逃げる。こっちのルートに入った途端、寂しいくらいに人がいなくなって快適でした。
とはいえ、こっちのルートも荒れてるわけでもなく、なんでこんなに人気がないのか不思議です。

大山 大山
↑元谷避難小屋。
確かに谷だ・・・というすごい立地です。
連続する堰堤で土石流を食い止めてるようなところです。
大山
↑11:25ごろ、大神山神社奥宮。
下山完了・・・と言いたいところですが、さっきの駐車場までは多少距離があり、また、この神社の参道も石畳の急下りで滑りやすく、まだ油断はできません。

そして11:55ごろ駐車場に戻り。
大山
↑さっきの地図に追記した、今回の登山ルート。

この後、さらに次の目的地に向かったわけですが、あまりにもここまでとギャップが有りすぎるので、また次の記事で・・・
<続く>
 
  1. 2017/10/14(土) 18:34:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<10月上旬連休・後編「倉吉」 | ホーム | 改装>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ssharmony.blog20.fc2.com/tb.php/344-212156f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)