FC2ブログ

ラクガキ日記みたいなもの

"http://"を含むコメント禁止していましたが、試験的に解禁中。

「りょうぜんざん」なの「りょうぜんさん」なのか「りょうぜんやま」なのか

4月28日・夜明け前。
滋賀県にある霊仙山<地図>に向けて名神高速を進んで行きました。

醒ヶ井駅前から滋賀県道17号とその先の林道で山奥に入っていって車を停め、
榑ヶ畑登山口
↑5:53。榑ヶ畑(くれがはた)の登山口。
<地図1> <地図2>
脇には満開の桜が。

榑ヶ畑・石垣 榑ヶ畑・廃屋
↑廃村・榑ヶ畑。
建物の残骸が残っているところも有りますが、ほとんどは石垣だけ残っているような状態です。
最上部には健在な建物があり、それが山小屋「かなや」です。
時間が早すぎて営業はしていませんが、飲み物の無人販売が行われていました。

汗拭峠
↑6:18。汗拭峠。<地図>
当然、「山頂」と書いてある方が山頂への近道ですが、まず落合へ向かいます。
この道は谷沿いを進んでいきますが、道がかなり細い個所も有り、やや荒れた感じがします。

落合
↑6:49。落合。<地図>
ここも廃村ですが、建物は健在です。
集落を抜けると、
今畑登山口
↑7:03。今畑登山口。
この先は明らかな登山道ですが、電線も上に繋がっています。

今畑
↑7:15。やはり廃村・今畑。<地図>
ここには健在な建物も倒壊した建物もありました。

山頂方面
↑7:53。谷を挟んで向こうに、山頂と思われるものが見えます。

しばらく進むと、「西南尾根」へ登る急斜面が目の前に迫りますが、はっきりとした道らしきものは見当たりません。
はっきりしない踏み跡を頼りに、急斜面をよじ登るように登っていくことになります。
かなりの難関でした。<地図>
急斜面
↑8:37。登っている途中に振り替えるとこんなの。
木が無くなって、景色が凄くなっていきます。
今日は快晴なので何とかなりましたが、ここで雨が降ってきたりしたら、恐ろしい・・・

近江展望台 近江展望台
↑9:28。近江展望台。<地図>
その名の通り、滋賀県・琵琶湖方面が見渡せます。
先ほどまでのような急斜面では無くなっていますが、ここから先は別の難関が待ち受けています。
カレンフェルト
岩・岩・岩・・・
ひたすら岩の上を歩いていくことになります。
(「カレンフェルト」という地形らしい)

フクジュソウ
↑ちょっと横にそれた土の部分にはフクジュソウの花が。

だいぶ岩に苦しめられ、足がふらついてきてますが、
最高点
↑10:41最高点到達!(標高1098m?1094m?)<地図>
北側には伊吹山が見えます。(手前に見えるのは避難小屋)
ただし、ここは三角点が設置された「山頂」ではありません。
↓この先にあるのが山頂です。その向こうには琵琶湖が見えます。
山頂へ

山頂
↑11:20。山頂。(標高1084m)<地図>
正面は琵琶湖。

帰りは、汗拭峠への近道で行きます。
経塚山
↑11:55。経塚山。<地図>
山頂からすぐ近くに見えますが、激しく下って登らなければなりません。
ここは他の登山道との分岐にもなっています。

お虎ヶ池
↑12:22。お虎ヶ池。<地図(だいたいこの辺り・・・だと思う)>

この先「お猿岩」までは傾斜が緩やかですが、そのさきは急激な下りになります。
さっきの西南尾根での難所に比べればたいしたことありませんが、だいぶ疲労がきているのでゆっくりと進んで行きました。
13:38に汗拭峠に再び到着。
営業していた山小屋「かなや」で休憩したのち、
14:10に榑ヶ畑登山口に戻りました。

標高の割に、難所が多い山だった印象です。
  1. 2012/04/29(日) 18:09:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

伺アニ

伺かアニバーサリー(仮)
4/14(土)。東京・ハイライフプラザいたばしにて行われた「伺かアニバーサリー(仮)」に行ってまいりました。

名古屋発7:31発の新幹線に乗り、10:00ちょっと前に板橋駅に到着。
→そのまま会場に・・・は行かず、10:00から発売開始される野球チケットを買うためにコンビニへ。
→10:15くらいに会場へ。待機している人数はやや少なめか。

特に順番は考えず、手当たり次第に回っていき、(売り切れで入手できないものはあったものの)ちょうど用意してた千円札が尽きた頃に一回りできました。

アフターイベントでは、最終決戦まで残ることが3回あったものの何も獲得できず・・・
↓自分では色紙を2枚出品しました(どちらも萩)。

打ち上げ・2次会に出て、20時(22時だよ・・・間違えた)過ぎに帰路に着きました。

今回は実質的に初めて作品に参加(合同誌)してみたり、初めて話した人が多数いたりしたものの、
以前によく合っていたのに今回ほとんど無視する形になった人がいたりと、反省点もありました。
  1. 2012/04/16(月) 20:28:21|
  2. 伺か系イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また同じ場所

伺かアニバーサリー(仮)まで一週間を切りました。
一応、アフターイベント用に色紙を描いたりしています。
----------------------------------------------
・・・そしてやはりここから先は、上記とは全く関係ない話になります。

午前8:20。猿投神社の登山者用駐車場。
・・・というわけで、なぜか一週間前と全く同じ行動を。
しかし、お祭りのため駐車場が一部閉鎖されていて
止める場所が空いてないというハプニングが!

しかたないので、「御門杉」の登山口の近くまで車で進入しました。
御門杉(8:30)→休憩所(8:55)→東の宮(9:33)→山頂(9:52)→御門杉(11:19)
猿投山
「前回よりも○○分早くなったぞ」と書く予定だったのに
前回とほとんど変わらないタイムだったとは・・・
  1. 2012/04/08(日) 16:23:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

四月馬鹿なんて用意しておりませんがな

伺かアニバーサリー(仮)も近くなってきました。
前にも書いたけれど、合同誌「伺満開」に参加します。
伺満開
とはいえ、私のページは大したことないので
他の方々に期待してください。
----------------------------------------------
・・・そしてここから先は、上記とは全く関係ない話になります。

午前8:20。猿投神社の登山者用駐車場。
(愛知県豊田市)<地図>
駐車場
ここから猿投山(標高629m)に登ります。
もう既に3回も登った事のある山ですが、
トレーニングのつもりで登ってきました。

しばらく舗装道路を歩き、8:38、
御門杉
↑「御門杉」の登山口。<地図>

8:46
林道
↑しばらく登ると、また舗装道路に出ます。<地図>
登山道から流れ出した泥が路上を覆っています・・・。
道路を横断してまた登っていきます。

9:05
東屋
休憩所。ここから少し登ると、
「武田道」という別の登山道と合流します。

その後、「東の宮」へ直行する道と、
「西の宮」を経由して「東の宮」へ至る道に分岐します。
過去に両方とも歩いたことはありますが、今回は
「東の宮」直行ルートで行きます。

少し下ってまた舗装道路に出ます。
その道路を左へちょっと進むと、

9:21
鳥居
↑東の宮の鳥居。公衆便所もあります。
<地図>

鳥居をくぐって登っていくき、9:42
東の宮
↑東の宮<地図>
ここまで来れば、もう山頂に着いたも同然です。

この後は、緩やかな登り下りをくり返し、
10:00
山頂
山頂。<地図>

10:10から来た道を引き返し始め、
11:40には駐車場に戻りましたとさ。
  1. 2012/04/01(日) 21:18:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0